お金を借りる(キャッシング)で甘い審査はあるのか?

 

キャッシングで大事なのは審査であり、これに通らないとキャッシングを利用することは出来ないわけですが、その審査が出来れば甘ければいいな、という風に思う人もいるかもしれません。そこで、キャッシングに於いて「甘い審査」というものは存在するのかどうかを、ここではお話していきたいと思います。

 

キャッシング会社の審査は、どこでも同一の一定の基準によって行われており、会社により小さな違いや独自の基準はあっても、その一定の基準以下で審査をすることは有り得ず、少なくとも真っ当な会社ではそんなことはしません。具体的には一定以上の年収と安定性から見た返済能力、過去に金融事故を起こしていない、ブラックではない、総量規制にひっかかる年収の3分の1ギリギリまで借りていない等の基準です。

 

しかし実際には、「審査の甘いキャッシング」という謳い文句は存在します。それは審査を必要以上に厳しくしない、緩やかな基準で行う等というものではなく、「無職でもブラックでも構いません、どなたでもどうぞ」というような広告内容で勧誘してくる業者が言っていることなのです。真っ当な会社では収入の極端に少ない人や無職の人、ブラックの人にお金を貸すこと等有り得ないので、間違いなく違法な業者=ヤミ金です。サービスも杜撰でイザとなると違法な高金利をつけ、少しでも返済遅延や延滞をすると過酷な取立や嫌がらせを行い、家族や知人の所或いは勤務先にも押しかけてきます。法定以上の金利をとったり、暴力的な取立をすることは明らかに法律違反ですので、速やかに警察に届け、弁護士にも相談する必要のあるケースです。

 

例えば、お金を貸す会社の人間の立場に立って考えますと、審査を甘くすれば申込者は殺到するでしょう。しかしそうすると、まともに返済出来ないような人も来てしまうので、融資を回収出来ない確率が高くなり、会社の経営は成り立たなくなってしまいますから、厳しい取立をせざるを得なくなります。しかし必要以上に厳しい取立をすることも出来ず、苦しい状況に立たされてしまいます。一方、お金を借りる立場に立ってみますと、一定の基準をクリアできない申込者に、審査で厳しい結果が出るのは当たり前ですが、クリアして審査に通れば、万が一のときも親身になって相談に乗ってくれます。それが真っ当なキャッシング会社のとる態度だと言えます。

 

ですから、最初に甘いことを言って気をひこうとする会社は、後でもし申込者が要求に応えられなかった場合は、想像以上に無茶苦茶な対応や要求をしてくることが多く、間違いなく違法なヤミ金であると言えるのです。しかしヤミ金でなくても、甘いとまでは言えませんが、大手よりは少し審査基準を緩くしている程度の、中規模のキャッシング業者は存在します。しかしそういう会社でも、きちんと返済をしなければ厳しい対応をしてくることに変わりはありません。審査が甘い上に、厳しい取り立てもしないキャッシング会社では会社として成り立ちません。常に一定の厳しい基準で審査をし、延滞があれば最低限の然るべき厳しい措置はとるが、ヤミ金まがいの暴力的な取立はしない、それが真っ当なキャッシング会社のあり方であり、最初からそういう会社のキャッシングを利用するべきなのです。