お金を借りる理由について

 

ここでは消費者金融や銀行等から、お金を借りる理由にはどんなことがあるのかについてお話していきたいと思います。消費者金融等の業者や銀行からお金を借りる理由には、使途自由のカードローンであれば返済能力の有無が重視されますが、それでも審査をする際には最初にお金を借りる理由は必ず聞かれる筈です。ですから聞かれてから慌てて答えを考えることのないように、キチンと答えを準備しておく必要がありますし、ネット上でどんな理由で借りている人が多いのかを、チェックしておいてもいいでしょう。とは言え実際に多かった理由を答えたからといって、審査に通りやすくなる、或いは融資が受けやすくなるという訳ではありませんので、そこは正直に本当の理由を答えることが大切です。

 

お金を借りる理由についてキャッシングの利用者にアンケートをとった場合に、1番多い答えは「生活費」なのだそうですが、これはアンケートの選択肢の関係もありますので注意が必要です。もし審査の際に実際に文字通り「生活費」だと答えてしまいますと、一時的に生活費が足りないから借りようしているのは本当でも、生活費が足りないのは常時経済的に厳しいからなのではと疑われ、返済能力がないのではないかと判断されて、審査上不利になってしまう可能性があります。そこで自分はあくまでも一時的に問題があって借りるだけであり、普段はお金には困っておらず、自分には収入の安定した仕事があるので、返済能力にも何ら問題はないことをアピールする必要があります。例えば急に知人の結婚式に招待された、身内が休止して葬儀代としてまとまったお金が必要になった、家族が急病で入院することになったがお金が足りない等、一時的な不測の事態が起きていることを強調しなければなりません。

 

もし住宅や車の購入や子供の教育資金、事業を立ち上げたい等の明確な目的があるのであれば、使途自由のキャッシングではなく、特定の目的に特化したローンに申し込んだ方が、金利も低く抑えられますのでお得です。また仮にギャンブルが理由である場合は、ギャンブルにお金を使える人なら生活に余裕がある筈であり、にも関わらずお金を借りようとすれば、ギャンブルで大損をしてお金に困っているのではないかと疑われる可能性があります。生活に余裕のあってギャンブルをする人は余程のことがない限り、借金をする必要はないと考えるのが自然です。ですのでもしギャンブルが理由で借金をしようというのなら、それはギャンブル依存症になっているか、多額の損をしているのではないかと思われてしまい、審査には非常に不利です。融資を受けたいのであれば、ギャンブルは理由にしないことをお勧めします。