お金を借りるのにおすすめのキャッシング会社はコチラ!自由度の高いキャッシングが受けられます!

審査通過率の高い消費者金融ランキング!

アコム (48.0%)
アイフル (45.3%)
プロミス (42.9%)

※SMBCモビットは審査通過率の公表は無し

 

 
三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムの特徴


  1. 審査通過率、堂々の第1位!
  2. 無利息期間(金利0円)あり!
  3. 即日審査・即日融資可能!
  4. 土日祝日も即日振込融資可能!
※諸条件アリ・詳しくは上記公式HPにて確認

アコムの即日融資期限の時間は14:00までとなっています。その前に申込・審査を完了させなければいけませんので即日融資希望の場合はなるべく早く申し込んで下さいね。

融資時間はなんと最短1時間!消費者金融でどこがいいか迷う!という方はこのアコムのキャッシングがベスト選択です!

今アコムでは、はじめての方なら最大30日間無利息キャンペーンを実施しています。なのですぐに返す方は無利息で借り入れ出来ます!これならば銀行ATMの手数料よりもお得に借りる事が出来ますね!もちろん24時間、ネットでの申し込みOK。さらに契約をネットで完了すると来店も不要で便利!指定口座に即日振込も可能!
※もちろん審査結果によっては残念ながら契約不可の場合もあり※

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは楽天銀行口座を持っている方はなんと24時間いつでも振込OK!ネットで申し込みしてむじんくんで契約完了すればその場で融資を受け取る事が出来ます。パート・アルバイトの方ももちろん申込出来ます!

いまCMでも話題のアコムなら安心してキャッシング出来ますね!初めてのキャッシングならココがおすすめですね!

融資可能額 1〜800万円
即日融資度 評価5
実質年率 3.0〜18.0%※サイト更新時
 
 
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの特徴

プロミスCM


どうしても今すぐにお金が必要な方!今日中にお金がいる方!そういう差し迫った方にはやっぱりこの大手消費者金融のプロミスをおすすめします!

プロミスは平日14時までにWEB契約が完了すれば当日の融資も大丈夫!審査はもちろん24時間OK!PC・携帯・スマホからのWeb申込でスピーディーな審査!契約OKならばそのまますぐにキャッシング・振込OK!
※もちろん残念ながら審査結果によっては契約できないこともあります。

また平日14時過ぎても、PC・携帯・スマホのWeb申込をして審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングがOK!プロミスの自動契約機は全国にたくさんあるので大丈夫。もちろん土日祝日であっても、Web申込をて審査完了後、最寄りの自動契約機へいけばキャッシングが出来ますよ!

SMBCグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスですので安心して利用できます。また学生・パート・アルバイトの方でも審査の上、利用OK。また、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば30日無利息サービス!銀行の引き出し手数料よりも安く利用できます!

プロミスでは女性が申込しやすい女性のための消費者金融サービスも実施中!女性ならではのお金の悩みにも親身になって相談を受けてくれます!即日審査・即日融資のキャッシングサービスを申し込むならまずはこのプロミスですね!

プロミスでは女性が申込しやすいレディースキャッシングも実施中!


安心してお金を借りるならこのプロミスを選んでも間違いないですね!(^^)/

融資可能額 1〜500万円
即日融資度 評価5
実質年率 4.5%〜17.8%※サイト更新時
 
 
アイフルの特徴

アイフル


  1. 審査通過率、堂々の第2位!
  2. はじめての方なら最大30日間利息0円!
  3. 収入証明書原則不要!※1
  4. 最短30分審査・即日融資も可能!
  5. 土日祝日も最短即日振込融資も可能!
※1・アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
※その他諸条件アリ・詳しくは上記公式HPで要確認


アイフルは24時間、ネットで申し込みが完了。審査結果の受け取りはメールか電話を選べます!契約OKならば指定口座に最短で即日振込も可能ですのでとても便利なキャッシングといえますね!もちろん来店不要のお手軽申込方法!
※もちろん審査結果によっては残念ながら契約不可の場合もあり※

またアイフルは契約するとキャッシングカードが届きますが、その場合、届く時間指定で配送してくれますので他の人にばれる心配がまずありません。これならば家族に知られずに、夫や妻に知られずにキャッシングが出来ますね!ただしコレはネット申込限定のサービスですので必ずネットから申し込みして下さいね!

最短30分で審査完了しますので待ち時間無し!出来るだけ早く借りたい!という方はこのアイフルをオススメします!主婦の方でも満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方ならば申込OKです!

融資可能額 1,000円〜800万円
即日融資度 評価5
実質年率 3.0%〜18.0%※サイト更新時
 
 
三井住友銀行グループのSMBCモビットの特徴

モビット オリコンバナー

三井住友銀行グループのSMBCモビットの即日の融資期限の時間は14:50までとなっていますので比較的他よりも余裕があります。ですがやはり早めに申込はしておきましょう。

先に下記のリンクからインターネット上で銀行などへの振込手続きを完了させておけば即日キャッシング&即振込OKです!このモビットのキャッシングサービスは安定した収入がある正社員の方にぜひおススメしたい最大手の金融会社と言えますね!「業界初!」カード不要! スマートフォンでATM取引を利用すれば、24時間365日利用可能です!
※もちろん審査結果によっては残念ながら契約不可の場合もあり※

SMBCモビットは三井住友銀行グループですのでやはり安心のキャッシング会社ですね!また融資限度額・金利は業界の中でもトップクラスとなっています。10秒簡易審査でお待たせしません!またお勤め先に電話が来てほしくない、郵送物は困る方にはぜひおすすめ!

従来のような電話や郵送での確認が必要ない「WEB完結申込み」は完全にインターネット上のみで契約が完了するので非常に便利!条件として三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行に普通口座を持っているか、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っているとなりますが、受付の方との対面がありませんから恥ずかしさもありません。安心してキャッシングの申し込みができますね!

融資可能額 1〜800万円
即日融資度 評価4
実質年率 3.0〜18.0%※サイト更新時
 

 

急な出費に!お金を借りるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

キャッシングやカードローン等でお金を借りるためには、そのメリットとデメリットを大まかに知っておく必要があります。お金を借りる以上は必ず返さねばならず、それは楽なことではないからです。まずメリットの方ですが、これは何と言っても、いつでも気軽に融資を受けられること、急にお金が必要になったときに、すぐに借りられることでしょう。

 

特に24時間対応しているコンビニと提携している業者を利用すれば、年中無休でいつでも借りたり返したりすることが出来ます。早めに繰り上げて返済することも可能です。ネットだけの手続で返済する方法もあります。最初の申込のときこそ、審査や契約までに年収や他社からの借入履歴・勤務先への在籍確認等、契約や融資までには多少時間がかかりますが、それをクリアしさえすれば、後の借りたり返したりの手続は非常に簡単になるのです。申込方法も店頭窓口・郵送・電話・メール・ネット・無人契約機等色々あり、誰にも知られずに融資をうけることも出来ます。

キャッシングのデメリットとは?

一方デメリットは、便利で気軽に借りられるだけに、つい無計画に借りてしまって返済するべき額がどんどん増えていき、限度額いっぱい借りた結果、返済が負担になってしまう可能性が否定出来ないところです。それを防ぐためにはネットで、キャッシングやカードローンを利用する前に無料のサイトや、各業者の公式HPで返済シミュレーションをして、自分に返済能力があるかどうかを確かめると良いでしょう。そこでは希望借入額に対して、利子や月々の返済額や返済期間が、それぞれどれだけになるかを知ることが出来るからです。

 

そこで出た数字はあくまでも目安に過ぎませんが、そのデータに基づいてお金を借りることが出来ます。もし信販会社のクレジットカードを持っている場合は、それにキャッシング機能をつけることも出来ますが、更にお金が借りやすくなることで、気がつくと多額の利息がついてしまうこともあるので、借りすぎないよう十分注意しましょう。そのために借入限度額が定められているのです。キャッシングもカードローンもそれぞれ専用カードを作ることが原則になりますが、銀行を利用する場合は従来のキャッシュカードに、キャッシング機能をつけることも可能です。キャッシングやカードローンを初めて利用する人は、申込初回に無利息になる所や、一定条件があれば継続的に無利息になるような所に申し込むと良いと思います。

キャッシングやカードローン、消費者金融の即日融資について

キャッシングやカードローン、消費者金融の即日融資などは、審査や融資・カード発行までの流れはほぼ同じですが、返済の仕方が多少違います。キャッシングは一括払いでもリボ払いでも返せるのに対して、カードローンでは分割払いやリボ払いが主流です。カードの種類にはキャッシング専用やカードローン専用のカード、先程もお話したようにクレジットカードと兼用のカード、銀行のキャッシュカードと兼用のカードがあります。また業者によって多少違いますが、だいたい50万位までの融資額なら免許証や健康保険証等の身分証だけで借りられますが、それ以上借りたいときは源泉徴収票や給与明細等の収入証明書も必要になります。初回の申込時には、くれぐれも虚偽の記入や記入ミスのないようにしましょう。

 

お金を借りる(キャッシング・カードローン)の審査基準について

 

お金を借りる(キャッシング・カードローン)の審査基準について

キャッシングに申込む際に、まず大切なのは審査基準について知っておくことではないかと思います。そこでここではその審査基準には、どのようなものがあるのかについて、お話していきたいと思います。

 

お金を借りるとしてのキャッシングの審査では、まず申込の際に記入する様々な基本的個人情報が、大きな柱の1つとなります。基本的個人情報とは氏名・生年月日・住所・勤務先・年収等の事柄で、会社により範囲は異なり、かなり多岐に及ぶ場合もあります。また身分証として健康保険証・パスポート・運転免許証等の他、借入限度額が50万円以上になる場合は、源泉徴収票・直近数ヶ月の給与明細・確定申告書の写し等の収入証明書も必要となります。

 

基本的個人情報では、勤務先の会社のことに関しては、会社の規模・業務内容・役職・勤続年数・保険の種類(国保・社保・公務員等)、家庭のことに関しては持ち家か賃貸か、賃貸なら家賃はいくらか、持ち家ならローンが残っていないか、残っているなら毎月幾ら返済しているか、何年住んでいるか、家族構成はどうなっているか、独身か既婚か子供はいるか、家に固定電話があるか等を、記入することになります。会社によっては、最終学歴の卒業日、配偶者の名前や生年月日、子供がいたら公立私立どちらの学校に通っているか、といった所まで記入する場合もあります。

 

これらの基本的個人情報は属性情報とも呼ばれ、これらの情報の範囲では一流の大手企業に勤めているか公務員で、固定電話のある実家に両親と長年同居していて、しかも独身であると有利であるとされています。これは収入が安定していること、自由になるお金が十分あり返済に支障がないこと、万が一のときに夜逃げの心配がなく、何かあっても両親に言えばよいということ等の証明になり、お金を貸す側としては誠に好都合であるからです。勿論、これ以外の条件であっても差し支えはありません。

お金を借りる場合における信用情報について

審査基準の、もう1つの大きな柱は信用情報と呼ばれるものです。キャッシングを行う消費者金融には、貸金業規制法が適用されていますが、この法律に基づく総量規制(年収の3分の1以上は借りられない)に沿った借入であるかどうかが、まず重要な基準となります。既に他社から借入をしていて、また新たに借入をするという場合に、規制の基準値を超えてしまいますと、審査に通ることは出来ません。他社や銀行からの借入状況や過去の取引状況がありますと、それは信用情報機関に登録されることになっており、その他にもクレジットカードの利用履歴や、ケータイ及びスマホの料金の支払い履歴等も登録されています。

 

他社や銀行からの借入先数は多くでも2〜3箇所、中堅のキャッシング会社で、多少審査基準の緩い所でも、4箇所から借入がある場合は、審査に通るのは難しいでしょう。また過去に長期の延滞や債務整理(任意整理・民事再生・自己破産等)をしていたり、現在延滞中あっても厳しいと思います。その他、同時期に複数の申込をしていますと、返済のための申込だと思われてしまう可能性がありますし、申込の記入の際の誤記・記入漏れ・虚偽の記載も、理由に係わらず審査には不利です。また一説には、キャッシングが全く初めての人よりは、過去に問題なく借入や返済を行っている実績があった方が、審査には有利であるとも言われています。

 

消費者金融における審査が甘いというのはどういうことなのでしょうか?

 

お金を借りるときには審査が必ずあります。どんな消費者金融でもこの審査を受けなければ絶対にお金を借りることは出来ません。審査を受けるというのは消費者金融に契約の申し込みをするということです。申し込みを行った時に消費者金融ではあなたがお金を貸すに値する人物なのかどうかを適正に判断します。この判断を下すために審査というものが必要となってくるのです。

 

審査はそんなに時間がかかるものではありません。住宅ローンなど大きなお金を借りるというには審査は数日かかることもありますが、消費者金融におけるキャッシングにてお金を借りる場合は、最初の借り入れ限度額は大体10万円から30万円程度だと思われます。最初から50万以上借りるというのはその分審査も厳しめになってくるので、おすすめできる金額としては30万円以下が審査に通るうえでの限度額だと思います。

 

お金を借りるときの審査には今の消費者金融なら大体数十分から小一時間程度あれば審査は済むことがほとんどです。即日審査ということをうたっている消費者金融は多いですが(ひょっとするとすべての消費者金融がそうなのかも?)、即日と言っても小一時間あれば審査は完了しているはずです。そして審査に無事に通ればそのまま融資という流れになるのが大まかな道筋となります。そのときに会社への在籍確認なども行われると思いますが、これはその時に在籍確認はしないでほしい旨を伝えれば行わない消費者金融もあります。ですが大抵の消費者金融では在籍確認は行うはずです。その在籍確認は会社へ個人名で電話をしてあなたを呼び出す方法になるので、消費者金融ということはまずバレませんので安心してください。

 

ではこの消費者金融にてお金を借りるときの審査には、各消費者金融によって審査の甘い・厳しいということがありえるのでしょうか?

 

答えを先に書きますが、審査の甘い・厳しいという指標での審査基準はまずありえません。消費者金融におけるお金を借りるときの審査は下記のような事柄によって行われます。

消費者金融におけるお金を借りるときの審査項目

  1. あなたの年収
  2. あなたの他の借金の有無・総金額
  3. 勤務先の会社の勤続年数
  4. 勤務先の会社の信用度

このほかにも持ち家なのかとか配偶者がいるのかなどの項目もありますが、審査に通るときの柱となる項目は上記となります。年収が高くても他の消費者金融での借金があればダメですし、勤続年数が少ない(1年未満)だとマイナス要因です。総量規制にかかってしまうとそれ以上は絶対にお金を借りることが出来ませんので審査の甘いとか厳しいとか言ってる場合ではありませんよね。ということは反対に他の消費者金融から借りていなかったり、しっかりと会社勤めやアルバイトに従事・勤務していれば審査に通ることは十分に可能性が高いといえます。これも甘いとか厳しいは全く関係がないことです。

 

なので審査が通らないからといって厳しいということでもないですし、審査に通ったから甘い審査なんだ、ということも間違いです。甘い審査=無審査という図式を考えている方も多いかもしれませんが、無審査でお金を借りることができるところは絶対に闇金以外ありえません。そんな闇金融を紹介なんてできるわけありませんし、そもそも闇金融でお金を借りたいなんて思っている方なんていないでしょう。

 

給料日直前にお金がピンチ!そういう時こそ即日融資のキャッシングがおすすめ!

 

お金を借りるのにおすすめな金融はココ!安心の即日融資カードローン情報!

如何に計画を立ててその通り生活していても、給料日の直前になりますとなぜかピンチが訪れます。そのような大変な時に、迅速にお金を手にすることができるのがキャッシングのサービスです。このWEBサイトは、「至急現金を捻出しなければならない!」などという方用に、即日キャッシングに応じてくれる金融関連業者を、入念にリサーチし、案内しているサイトなのです。ウェブ上でのキャッシングの長所は、キャッシングを申込んだ後の審査結果があっという間にわかることだと思っています。というわけでお仕事中でも、休憩時間などに申込を済ませることができます。「ご主人の収入で申し込みOK」や、専業主婦をターゲットにしたカードローンがある銀行も見られます。「専業主婦も可!」などと載っていれば、多くの場合利用することができると思っていいでしょう。用いる実質年率は、申込者の信頼度により違ってきます。まとまった金額の借入を申し込む方は、低金利カードローンについて調査した方がいいと思います。

 

即日融資の申込みをしたいと言う場合にも、ご自身でお店に出掛けるなんてことはしなくていいのです。手軽にスマホやパソコンから申込みもできますし、出す書類も、オンラインでメール添付などすれば問題なしです。言うまでもなく、即日審査・即日融資を前面に打ち出している商品だとわかっても、貸付金利があまりにも高い商品であるとか、もっと言うと悪徳金融会社であったりする場合は、借り入れできたとしても、メリットがありません。マイカーローンに関しましては、総量規制の対象とはなりません。という理由から、カードローンについて審査されるときには、車を買った代金は審査の対象とはなりませんので、気にすることはないのです。銀行が一押しの主婦・主夫向きのカードローンは、借り入れ上限枠が小さ目と決められているものの、通常のローンより簡単な審査しかなく電話もかかることがないと言われます。だから、内密に即日キャッシングが可能になるというわけです。アイフルは、メディアでもお馴染みとなっているキャッシングローンサービスの会社ですね。さらに、即日キャッシングを受ける事が出来る信頼のおける全国規模のキャッシングサービス会社になります。

 

学生だけが利用できるローンは金利も安くされており、月ごとに返す金額も、学生も無理をせずに返済可能だと思える設定になっていますので、躊躇なく融資を受けることが可能だと断言します。ネット上の操作だけで申込を済ますためには、業者が指定している銀行口座を開設するなどの条件をクリアしなければなりませんが、家族には内緒にしたいとお思いの方にとっては、都合のよいサービスに相違ありません。一刻も早い借り入れが希望なら、「借入申し込み額を50万円未満」にする必要があります。50万円以上のキャッシングを希望する場合、申込者の収入証明が必要になってくるので、手間が掛かってしまいます。利息がつかないものでも、無利息だとされる期間の他に利息が生じる期間があるので、ご自分が実際に利用するローンとして適したサービスかどうか、ぬかりなく評定してから申し込むようにしてください。あなたもご存知のプロミスは、非常に良好な即日キャッシングサービスを提供している業者です。迅速な審査で、お金を借りられるかが決まるまでの時間がだいたい30〜60分というのは、急にお金が要る人には何にも増してありがたいサービスではないでしょうか?

お金を借りたいと思った時に気を付けなければいけないこと!

お金が急に必要になることは、絶対に誰でもあることです。なのでそのことを不必要に恥じることはありません。ですが、親や家族、親しい人にお金を借りるのはやはり抵抗があると思います。それが普通の気持ちなのです。ましてや彼氏・彼女・恋人にお金を借りるなんて言うのは絶対におすすめできることではありません。お金の切れ目が縁の切れ目、なんていうことわざもあるくらいですからね。そういう時にこそ役に立つのが消費者金融や銀行のキャッシングサービスだと思ってください。身内にお金を借りるよりも、仕事としてお金を貸してくれて金利も払っているのですからまったく問題があることはありません。もちろんそれは借金ですが、きちんと返せば何も問題に発展することなんてないのです。もし何かあって返せないことがあったとしても、消費者金融や銀行も鬼ではないので、昔のような取り立てなんて一切ないのが現状です。ですがやはり返すのは人として当たり前ですので、お金を借りるときは計画的に借りることをおススメします。

 

消費者金融関連リンク

下記は消費者金融関連のリンクとなります。何かありましたらまずは参考してみるのもおすすめです。

お金を借りることについての記事一覧

就活中の学生です。アルバイトをしていたのですが、就活での移動や宿泊などお金がかかり、バイト代だけでは足りなくなってしまいました。親には奨学金を利用せずに学費や生活費を払ってもらっているため、これ以上親に負担をかける事は出来ない。かといって就活もあるためバイトを増やすこともできない。友人やバイト先の店長などにお金を借りようかとも思ったのですが、関係が悪くなりそうでできない。生活を切り詰めたりもしたのですが、どうがんばっても足りないので、もう金融機関に頼るしかないと思い、アルバイトして定期収入がある学生でも借りることができるアコムにしました。いろいろ調べたところ、アコムのネット申込みが良いというこ...
2018/07/08 21:38:08 |
すぐにお金を借りるにはどこがいいのか!?、と思った時に初めてでおすすめなのは、やはりアコムとプロミスという2大消費者金融をおすすめします!ここではすぐにお金が必要だが借りるのは初めてだという人にお勧めの所として、有名大手のカードローンの中から、アコムとプロミスを御紹介していきたいと思います。まず最初はアコムからです。消費者金融のアコムについてアコムは2016年までで全国に約140万人の利用者がおり、この人数は業界でもナンバーワンであると言われています。年利は3.0%〜18.0%で借入限度額は最大800万円となっており、審査時間も最短で30分で終わると言われています。また返済期日を35日毎にした...
2018/07/08 21:37:08 |
身内にお金を借りることはまずおすすめしません。親ならまだしも、いや、親であってもお金のやり取りはいろいろな観点からおすすめできるものではありません。これはやはり、お金の問題はどうしても私情を絡ませては計算が成り立たないからです。親だからお金を借りてくれるのは当たり前、と思っている方も多いのです。ですが実際問題として、そこまでお金に困った時に貸してくれる親がいる方はそもそもお金にはあまり困らないでしょう。ということは、あなたがお金に困っているならば、親もお金に困っている可能性が高いのです。そういう時にお金を借りようと思ったとしても、手品ではないのですぐにお金を取り出すことなんてできないのです。こ...
2018/07/08 21:37:08 |
金融機関からお金を借りるときには、目的がはっきりしているローンの方が金利が低く抑えられることになっています。銀行が融資してくれる住宅・事故・教育等のローンがそれに当たります。専用に特化したローンは大口の融資で返済も長期に渡るため、金利を低くして少しでも負担を抑えることが必要なのです。目的がハッキリしているローンは返済計画も立てやすいですし、金融機関側にとっても貸しやすいと言われており、例えば住宅ローン35年で長期返済するとしますと、2013年現在では何と1%台に抑えられているのです。但しそれには一定条件をクリアする必要があり、審査自体も厳しいので、誰でも気軽に利用出来るとは決して言い切れません...
2018/07/08 21:37:08 |
お金を借りるとしてキャッシングやカードローンと一口に言っても、銀行のものと消費者金融のものとでは様々な違いがありますが、中でも返済方法の違いが顕著ですので、ここではそれについてお話していきたいと思っています。ローンは借りるのは簡単でも返すのが大変なのが特徴ですから、方法の違いについては、よく認識しておく必要があるからです。まず銀行のカードローンについてですが、銀行への返済は基本的に毎月決まった日に口座から引き落とされるか、ATMを利用したカードローン返済のみとなっています。ATM手数料も一部の銀行を除いては大抵かかります。銀行のローンに係わる業務は銀行が行う多くの業務の1つですから、返済方法で...